Menu

芝生を育てる刈り方

庭

プロの業者にお任せ

芝刈りは専用の器具を使えば誰でも簡単にできると思っている人が多いです。しかし、決してそのようなことはありません。誤った方法で芝刈りをしてしまうと芝生そのものを痛めてしまいます。そもそも、なぜ芝刈りをするのかというと、もちろん伸びた芝の高さを綺麗に整えるのも理由の一つです。でも、それ以上に大切なのは芝生を横に成長させて、密度を濃くすることにあります。密度が高くなるとより一層芝生の見た目が良くなるわけです。そのため、芝生はプロの業者に依頼して適切に刈ってもらうのが一番と言えます。その相場は、業者によって費用の算出方法が異なるのです。ざっくりと敷地面積のみで算出するところもあれば、芝刈りにかかる時間を逆算してその次官に応じた費用を請求するところもあります。また、刈って芝を処分する費用も請求されることもあるので、その辺は見積もりの際にきちんとチェックしておくべきでしょう。一般家庭の庭の芝生で言えば、処分費も含めて凡そ2万円前後が相場だと言われています。もちろん、庭の状況によって多少前後することは留意しておいた方が良いでしょう。例えば、芝生の縁が多かったり流線形であると費用が嵩むこともあります。芝刈り機の性質上、縁の部分は利用できず、手作業で行う必要があるからです。そして、芝刈りは定期的に行うのが基本です。芝生の種類によってその間隔が変わってきますが、日本で一般的に使われる高麗芝の場合は、年に1回ないし2回で十分です。