庭

芝生を育てる刈り方

芝刈りは芝生の密度を上げるために行われるため、プロの業者に依頼するのがベストです。その費用は一般家庭の庭で処理費を併せて凡そ2万円前後だと言われています。間隔は芝生によって異なりますが、1回から2回が良いです。

Menu

庭

素敵な庭を作る

造園とは庭を作ることですが、庭を作るには相応の時間と費用が必要です。またセンスも必要で信頼できる業者に依頼することが失敗を避ける上では大切です。造園業者に依頼すること事態は簡単ですが、造園を行う場合には事前に入念にプランを検討する必要があります。

かま

業者に依頼するメリット

芝刈りを業者に依頼するのが人気の理由は、刈った後のゴミを集めることと処分することも行ってくれることにあります。また、利用者の気づきにくいメリットとして芝生を綺麗に育つように業者が刈ってくれることです。

チェンソー

敷地の木を切るなら

神奈川で伐採を依頼するときは、相場を調べる事から始めます。適正価格を調べておくと、満足度の高い会社を探す事ができるからです。スタッフの対応も重要なポイントなので、電話で見積りを頼むときにチェックしてください。

バラ

育成に欠かせない肥料

バラは肥料食いと表現されるほど、肥料を多く必要とします。綺麗な花を咲かせるには、元肥を始め、定期的に追肥を行って肥料切れを起こさないようにするのが育て方のポイントです。肥料には有機肥料と化学肥料がありますが、化学肥料のみだと育成にトラブルが生じる場合もあり、有機肥料と組み合わせた使用が求められます。

代表的な病害虫を排除

バラ

黒点病とカミキリムシ

ガーデニングの定番植物であるバラですが、その育て方の注意点として病害虫に弱い事があげられます。そこでここでは、バラの育成で気をつけたい代表的な病害虫について説明します。まず始めにバラに頻発する病気の代表として、黒点病があります。その名が示す通り葉っぱに黒い斑点が出来て、次第に葉っぱが黄色く変色して落ちてしまいます。葉が少なくなるので、樹勢が落ちて花が咲きにくくなってしまいます。実は育て方によって黒点病の発生率は異なり、主に露地栽培のバラで頻発します。これは土中にいる黒点病の原因となる細菌が、雨水の跳ね返りなどによってバラの葉について感染を引き起こすためです。なのでハウス栽培やプランター栽培など、雨の直接かかりにくい育て方をしていれば対処は楽になります。黒点病になってしまったら、斑点のついた葉っぱを除去し、地面に落ちた落ち葉も取り除きます。さらに専用の薬剤を日をおいて数回地面に撒いて、しばらく様子を見ます。次に害虫として注意が必要なのはカミキリムシです。堅い顎で枝の表面を噛み切ってしまうので、枝が折れて枯れてしまいます。またカミキリムシのメスはバラの幹に産卵する事があり、幼虫が孵ると枝や幹の内部を食べつくしてしまいます。成虫は見つけ次第捕獲し、バラの株元をチェックして木くずがあるようなら、内部に幼虫がいる可能性があるので殺虫剤で駆除するようにしましょう。バラは花の女王とも呼ばれ、世界中で愛されている花です。その分品種も多く、色や形だけでなく病害虫への耐性も様々です。ガーデニング初心者であればまず病害虫に強いバラの仲間を選び、育て方に慣れてから好みのバラに挑戦するようにするのも良い方法です。